FC2ブログ

PCゲーム配信 ゲーム音声関係メモ

PCゲームを音有りで配信する時に配信ソフトのみだとデスクトップ全体の音声拾っちゃうの何とかならんかなーと思って調べたときのメモです。



最終的な結論から言うと 『仮想サウンドデバイス』 と 『Windows10標準機能のアプリの音量とデバイスの基本設定』 で何とか出来ました。

音声の流れとしては

PCゲーム
┗仮想サウンドデバイス (アプリの音量とデバイスの基本設定で出力をここに変える)
  ┣配信ソフト (仮想サウンドデバイスを通してるのでその音声のみが出力される)
  ┗既定のデバイスで聞く (サウンド設定の録音タブから仮想サウンドデバイスの詳細設定を開いて設定する)
    (追記:OBSなら配信ソフト側で『オーディオの詳細プロパティ』から音声モニタリングを『モニターと出力』に変えることで音声遅延問題が良くなる)



という感じ。配信ソフトの外で設定することで解決した。
これで作業用BGM聞きながら配信したり、ソシャゲやりながら配信できるね!(配信プレイ品質は犠牲になる
というかWindows10の標準機能でソフトの方に音声の使用デバイス設定がなくても振り分けることが出来るなんて知らなかったわー

ただし、振り分けに対応していないソフトもある?っぽいので、まだ完全とは言えなかったりするけど、いい方法が見つからなかった(多分コレを調べるよりもそのゲームの音以外をオフにして配信した方が早そう()

振り分けに対応してないソフトの問題、発想を変えて、

 1.規定のデバイスを『配信で使う仮想デバイス』に設定してゲームを起動する
 2.普段使いのスピーカーやら何やらを規定のデバイスに戻す

の工程で配信したいゲームの音だけを隔離することに成功したので、もうコレで良いんじゃないかな



導入メモ

・仮想サウンドデバイスをインストールする
 調べてみた感じ、
 ・VB-CABLE
  参考サイト:仮想オーディオデバイス「VB-CABLE」インストール方法。再生と録音デバイスを無料で追加できる

 ・WsAudioDeviceS(Aimersoft DRM Converter)
  参考サイト:radiko.jpのタイムフリーを仮想オーディオデバイスで録音する(Win10対応)
  ソフトそのものは試用期間があるらしいけど今回使うものに関してはドライバみたいなものなので大丈夫らしい?

 ・NETDUETTO β2

 この3つがとりあえず見つかった。お好きなものをどうぞ。
 


・アプリの音量とデバイスの基本設定で該当ゲームを仮想サウンドデバイスで出力するように設定する。
 設定画面毎回開くのめんどいなーと思ってたら良いソフトが有った。
 ・EarTrumpet
  参考サイト:Windows 10向けの高機能ボリュームミキサー「EarTrumpet」がメジャーバージョンアップ
  タスクバー、もしくは常駐ソフトから音量ミキサーと各デバイスへの変更が出来るので手間が減る。



・Windowsサウンド設定の『このデバイスを聴く』だと音声遅延がひどい
 音の流れのところにも追記したけど、配信ソフトに音声出力設定があれば出力を『配信+PCスピーカー』同時に流したほうが音声遅延が少なくて良い。
 メモ
  OBS: 『オーディオの詳細プロパティ』から音声モニタリングを『モニターと出力』に変える



・その他、調べてたら見つかったもの
 ・WsAudioDeviceSを増やす
  参考サイト:仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSを追加する
  増やせるけど3つも入れてしまったので正直これだけで十分な気はしている

 elgato Sound Capture
  参考サイト:PCに接続する複数の機器から同時に音声を出力したい[elgato Sound Capture]
  Game Capture for Windowsをインストールする時についでにインストールできるやつ。
  ざっと見、簡易ステレオミキサーと音声チャット配信が出来そうな見た目してたからとりあえずメモ。(チャット配信する気がないので良く見てない
  チャット配信するにしても自分の音声、マイク直撮りよりもディスコードフィルター通したほうがキレイな音出そう

 Audio Router
  ちょっと使ってみてあまり使い勝手がよろしくなかった音声振り分けソフト。
  Windows10標準機能のほうが安定してそうだったからそっち使ったけど、10使ってない人はもしかしたらこれで振り分けできるかも?と思ったのでメモ。
  
 Synchronous Audio Router
  ちらっと読んだ感じ、できそうな雰囲気を感じたんだけど、使い方がわからなくて面倒になったのでメモに残しておく。

 ・後日談、Windows Updateに巻き込まれた仮想サウンドデバイス
  Windows Update後にサウンド設定を開いて見慣れない名前のデバイスだなぁと思ったら勝手に名前の変更をされていた。
  詳細プロパティを開いて『お前だったのか』となったのでメモ程度に注意。


スポンサーサイト



テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ut

Author:ut
utといいます。読み方は適当に。

ゲームやらラノベやらアニメやら創作やらに色々手を出したり出さなかったり。
気になったものをまとめとくページを作りたかっただけの存在。

ついったー
ID:ut0so
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
最近の気になったゲーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
Amazonゲームランキング
広告スペース