FC2ブログ

PCで使うツールメモ

PCで使ってみて便利だったツールのメモ。

最近、
「あー、○○したいんだけどあのツールなんて名前だったっけなー……。」
ということが増えてきたので備忘録ついでにPCツールメモります。

基本的にWindowsのフリーソフトをまとめてます。

最終更新日:2019/12/04

更新履歴
▼ クリックで展開


リンクは公式がダウンロードしやすければリンクしますが、大体Vectorとか窓の社とか。使い方も書いてある紹介ページとか。
後、フリーソフトはデフォルトだと他の余計なソフトがくっついてくる場合があるので入れる時はよく見て注意するように。
また思い出したり見つけたら増やします。



PC基本ツール

・ブラウザ
Google Chrome
言わずと知れたブラウザ。
個人的な印象としては、PC負荷は高めだがその分動作が早いって感じ。
個人的にこれをメインに使っているのでついでに拡張機能(アドオン)もメモっておく




Firefox
こっちもちょっとブラウザ弄ったことある人は知ってるブラウザ。
アドオンでの拡張性が高い。

Opera
軽い(PC負荷の少ない)ブラウザとして有名?
2016年6月9日のニュースで中国企業に買収されたということで、個人的にはアンインストールして様子見。
参考までにVerリリース書き残し 2016年6月7日:Ver38.0.02220.29
参考サイト
Operaが中国に買収されたため、日本人が離れる | 1分で感動
Opera は Opera のまま

Sleipnir
綺麗な文字とジェスチャがいい感じのブラウザ。
PCスペックそこそこでインターネットサーフィンしかしないよって人はこっちでもいいんじゃないかな?
メモ:Windows10ユーザーだと非アクティブウィンドウ時のホイールが効かなかったので注意?(今はアプデ修正されてるかもしれないので要確認

Vivaldi
機能を絞ることで軽く(PC負荷を少なく)したブラウザ?
タブレットPCで使うにはタッチがうまく反応してくれないのであまり良くないかも。
Google Chromeと同系列なのでChromeで使えるアドオンはこっちでも使える。

Kinza
ちょっと別の用途で使おうと思って入れたブラウザ。
ツイッタークライアントで結局URLを開く時にブラウザが開かれてしまうのが気になって、それなら別ブラウザにブラウザで開けるクライアントを使ったほうがいいなぁということで入れたブラウザ。
タブを上部からサイドに配置変更することができるので見た目縦に広くなり、ツイッター見るにはまぁまぁ重要かなと思った機能。
これもGoogle Chromeと同系列なのでChromeで使えるアドオンはこっちでも使える。

TweetDeckを使っているのでアドオン(拡張機能)メモ
BetterTweetDeck 3
 TweetDeck設定拡張
 カスタムcssでこんな事もできるメモ:
  参考サイト:tweetdeck のタイムライン表示を user css で夜フクロウ風にした

Twitter 原寸びゅー
 画像表示を見やすく使いやすく

Multi Row TweetDeck
 カラムを段数増やすように分割出来る

Twitter メディアダウンローダ
 TweetDeck上で動画を見ようとすると見れない場合が多かったのでこれで代用
 ボタンを押すとリンクを開くように設定しておくとスムーズに動画を見ることが出来る
 根本的に何とかする方法もありそうな気はする


・文字入力補助
Google日本語入力
予測変換とかユーザ辞書などの入力補助ソフト。
デフォルトIMEよりは全然使いやすいので他に入れてなかったら入れるべきのソフト。


・テキスト編集ツール
Mery
テキスト編集ツール。これも色々あるから紹介程度に。
タブ管理出来るのと、背景設定できるのがいい感じだなって思ってる。


・動画再生
Media Player Classic - HC
大体MPCと略される。
いろんなフォーマットに対応していて、動画再生以外の余計な機能が付いていないのが良い。シンプルな機能性とも言う。

追記
見た目と機能の拡張をしたMPC-BEもあったので最近そっち使ってる


・画像ビューワー
XnView
Windows10のデフォルトのビューワーが使いにくかったので探したやつ。
設定でタブ化できるのが選んだ理由。ついでにGIFも再生できる。
他にも色々機能が入っているけど使っていない←





PC作業効率補助

・文字入力補助
りかなー
日本語にするのを忘れてローマ字になってしまった時に再変換してくれるツール。
間違えた時に半角全角キーを2度押し。

enthumble
無変換キーをFnキーとしても使えるようにしてくれるソフト。
さらに同時押しで方向キー、Enter、Escを入力する機能もついてる。
有料版でキーカスタマイズもできるっぽいけどカスタマイズ方法がほぼAutoHotkeyっぽいのでカスタマイズするならもうAutoHotkeyを使ったほうがいいと思う。

AutoHotkey
さらに自分好みにキーカスタマイズしたい人向け。
プログラム的な知識が必要になりそうなので手軽ではない。
参考サイトメモ:
AutoHotkey(2)不要なWindowsキーのショートカットを無効化
AutoHotkey(3)無変換キー+アルファベットで、ホームポジションにカーソルを作る


・スクリーンショット
Greenshot
常駐型スクリーンキャプチャソフト。
トリミングもできるし、Alt + PrtScrnでアクティブウィンドウも撮ってくれるのでこっちの方が便利そう

過去メモ

MameShotPro
常駐型スクリーンキャプチャソフト。
Win+Aでアクティブウィンドウ撮れるのが便利。

メモ:Windows10で使おうとしたらデフォルトのホットキーが増えたせいか使用できなくなったので他のツールを探したときのメモ
WinShot
設定で好きなホットキーが使える。
Windows10でアクティブウィンドウを撮るだけならカットで左右下を7ピクセルずつカットするのが良さそう。

追記メモ:Windows10デフォルトについているゲームバーのスクリーンショットの機能の方がファイル名に日付も付けてくれるし便利そうだったのでそっちの方が良いかもしれない。全画面スクリーンショットはマルチモニタもまとめてスクショしてしまうので使い勝手悪いかもだけど。
ショートカット:参考サイト
Win + Alt + PrintScreen:アクティブウィンドウスクリーンショット(マイビデオに保存)
Win + PrintScreen:全画面スクリーンショット(マイピクチャに保存)
Win + Alt + R:録画オンオフ




・エクスプローラー拡張
QTTabBar
エクスプローラーにタブ化の機能をつけたり、マウスオーバービューの機能を増やすソフト。

メモ:Windows10だとインストールした後に設定を出す方法がわからない
 参考サイト:#Windows10 の「エクスプローラー」をタブ式にする、さらに多くの機能を追加するフリーソフト「QTTabBar」が凄い
 インストールした後、ログオフ→ログイン(再起動)して、エクスプローラーの表示タブ→右端の「オプション」という文字をクリックして、「QTタブバー」でとりあえずタブ化表示ができる。
 詳細設定がしたいときは「QTコマンドバー」を出して設定から行けばいいと思う。

メモ:かざぐるマウスでマウスジェスチャーを使うとうまく動いてくれない
 とりあえずの対処として、マウスジェスチャーをキー入力操作に変えて設定してみたらとりあえず動いた。
 ショートカットキーコマンドが違うとまた他のものがうまく動かなくなる可能性はあるけどとりあえず一つの対処の例として。


・ランチャー
Orchis
Desktopが散らかるので入れたツール。
使い方はややこしいので紹介ページに任せる。
Orchis - k本的に無料ソフト・フリーソフト
個人的には画面端に行った時にランチャー起動してそのランチャーによく使うショートカット入れたり、Desktopが散らかった時にまとめてランチャーフォルダに放り込んだりしてる。(横着
もちろんその2つのランチャーフォルダは別々だけども。ファイル名が一覧表示されるからDesktopのファイルそのまま見て探すより楽なんだよね……。
あとデスクトップの左クリック*2にデスクトップを入れておくと、画面が空いて無くてデスクトップのアイコン見えねぇって時に隙間からランチャー開いてデスクトップにあるものを呼び出せるので楽。

ViPad
簡易的なDesktopみたいな表示の仕方で出てくるランチャー。
個人的にタブレットPCで使ってる。タブレットPCは画面が小さいからDesktopが散らかりやすい。(だらしない
タブレットPCだとタッチ操作になるから項目が小さかったり、一覧表示になってると誤操作が多くなるので簡易的なデスクトップ表示だとありがたい。

改めて使ってみたら使いにくかったので他のを推奨。↓


Linkbar
アイコン式のランチャーソフト。タブレット端末ではこっちのほうが良さそう。
アイコンの大きさ2倍くらいにして、上の方にマウスオーバー起動で隠しておくととても便利。


・スタートアップカスタマイズ
Quick Startup
Windowsが起動する時に自動的に起動するソフトなどをまとめて管理するツール。
各ソフト内で設定したり、起動するショートカットを整理したりする手間が無くなる……はず。(入れたけどあまり弄らなかった


・キーボードのキー設定ツール
KeySwap
使わないキーボードのキーを無効化したり、他のキーとして使えるようにするツール。
主に誤爆しかしないCapsLockを違うキーにする用途で使ってる。ちなみにWin10でも普通に使えた。
メモ:元のキーボードのPower、Sleepを無効化したいときはPCの設定の電源オプションの電源ボタンを押したときの動作などを弄る。(何もしない、などに変える)

Keyboard Butler ~鍵盤の執事くん~
キーボードのキー操作を別のキー挙動にしたり、複数キーの挙動にしたり、マウス操作にしたりと、多機能なキーマッピングカスタマイズツール。特定のソフトのみ適応なども出来るので便利さが広がる。

とりあえず、使わないキーボードのキーをよく使うホットキーなどにしてしまえるツール。
ワンキーアクションで複数キーの効果が出せるのは結構良い。

Win10ではインストールする時に『管理者として実行』をしないとインストーラーが落ちたので注意。(自分のPCの不具合のせいだったかも)

Win10のホットキーメモ
Win+Alt+PS :アクティブスクショ
Win+PS :全画面スクショ
Win+Shift+←→ :ウィンドウ移動


・マウスジェスチャー
かざぐるマウス
ブラウザだけでなくPC操作全般においてマウスジェスチャー機能を使えるようにするソフト。
コレ一つで複数のブラウザを使っている人はマウスジェスチャー関連のアドオンを消すことができそうな感じ。

メモ:Windows8、10において動作があまり良くないらしいので代替ソフトの紹介も。(自分は10で使ってて特に何も感じていない
参考サイト:DL必須!マウスジェスチャー「かざぐるマウス」「StrokesPlus」でマウスの可能性を解き放つ
代替ソフトとして「StrokesPlus」と言うものがあるらしいが、海外開発なので日本語化とかが面倒という人は合わないかも。


・マウスボタン設定
XMouseButtonControl
マウスの4、5ボタンに特定のショートカットつけたいなーと思ったので導入。
6ボタン以降は非対応? また、マウスの左右を入れ替えたりもできるっぽい。


・複数PC操作ツール
Input Director
一つのキーボード、マウスで他のPCの操作もできるようにするツール。
クリップボードも共有されるのでテキストコピーも手軽にできて便利。
新PCに環境構築する時に2台一緒に操作できるので便利。
あと、スペックさえあればデュアルディスプレイ的な使い方もできる。


・リモートデスクトップ
Brynhildr
PC-PC(Windows)間のリモートデスクトップソフト。
インストール不要で本体も軽いし、起動中のウィンドウ右クリックでいろんな設定ができるのが良い。(例えば送る画質を下げてFPSを上げるとか)
ファイルを送る機能もあったのでメモ程度に。
自宅でローカルIPで繋ぐときに使う感じ?
低スペタブレットPCに映して、ごろ寝ゲームプレイできるかも?(試してない
同じ作者のプラグインのRagnarokとLokasennaも入れておいたほうがいいかも?
Ragnarokは設定することでクライアント側のゲームパッド操作をサーバー側に送ってvJoyで受け取るという操作ができるのでリモートデスクトップでゲームするときにとても便利だと思う。設定の仕方はこのページ
Lokasennaは全画面ゲームなどのときでもちゃんと動作するって感じかな?

他の端末(Androidとか)使うときや、他の場所から接続するときはChrome リモート デスクトップの方がアカウント管理も接続設定も楽にできるかも。


・デュアルモニタ時のタスクバー拡張
Dual Monitor Taskbar
セカンダリディスプレイにタスクバーをもう一本増やすツール。
通常のタスクバーには無い常駐ソフト枠を見たり、音量、ネットワークを表示しておくことが出来る。
ついでにタスクのピン留めも別枠保存されるのでセカンダリディスプレイでしか使わなそうなソフトをタスクしておくと便利。
最近メインディスプレイでゲーム機画面出力を兼ねていてセカンダリモニタで通話画面出してた時に音関連の設定を出すのに面倒さを感じていたのでこれで楽になった。
Windows10環境で使用中、ちょいちょいエラーで落ちるので、潔くサウンドのショートカットをセカンダリディスプレイに作っておくことにする(コントロールパネル一覧から持ってくる)

ツール関係ないけど、ついでにメインにあるウィンドウを画面を見ずにセカンダリに持って行きたい時は【[Shift]+[Windowsロゴ]+「→」or「←」】で移動できるので便利。


・他PC、タブレット、スマホをデュアルディスプレイ化
spacedesk
PCをWi-Fi経由で繋げて他のデバイスをマルチディスプレイ化することが出来るツール。
映すデバイスとしてWindows、Android、iOS、ブラウザ経由(HTML5)でのMac、Linuxで出来るっぽいので今まで使ってなかった過去のPCをマルチディスプレイとして役立てるかも?
ただやっぱりWi-Fi経由なので、遅延はあるので動きの少ないものを映すと良さそう


・仮想デスクトップツール【Windows10にはある】
virgo
超シンプルで超軽量な仮想デスクトップツール。
ホットキーで動作させ、4つの画面まで対応。終了までホットキー。
使い方は紹介ページへ
virgo - k本的に無料ソフト・フリーソフト
入れてから思ったけど物理的にディスプレイ増やしたほうが何倍も作業効率いいと思う。
あとWindows10なら最初から仮想デスクトップ使えるから要らないってものある。





PC画面表示、表現の改善、快適度追求

・フォント描画(作業画面表示改善)
MacType
Windowsの文字描画を改善するツール。
アンチエイリアスとかをちゃんと効かせて綺麗にしてるみたいな感じ。
たまにゲームで対応してなくて文字化けすることもあったけどその時は無効にしたりしてた。
同じようなソフトでGDI++もある。
とりあえずGoogle Chromeで使う時は色々設定弄りが必要。
Google ChromeでMacTypeを使用するための注意書きメモ

メモ:Windows10で使ったらインストール不具合起こしたのを確認して調べたら最新版が出ていたのでリンクメモ
  :最近のPCの不具合の原因がこいつだということにやっと気が付いてパッチ適応したら直った(と思われる)のでメモ
   MacType非公式パッチ (MacType Unofficial Patch)

   ・不具合リストメモ
    ・ゴミ箱右クリックメニューでを空にするとクラッシュ(なお空になっていない)
    ・ファイルのプロパティのタブを移動したらクラッシュ
    ・コントロールパネルの『ペンとタッチ』などが起動しない
    ・インストーラーが途中で落ちる

    


・音/音楽再生
DFX Audio Enhancer
音を再生する前にエフェクトを掛けて音をいい感じっぽくするツール。
プレイヤーではないので、ブラウザなどで再生した音楽にもエフェクトが掛かるのが良い。
プラス版と言う有料版もあるけどフリー版でも十分すぎるほどに音が変わる。
参考サイト:Windowsの音質が劇的に改善するフリーソフト!DFX Audio Enhancer

Razer Surround
普通のヘッドホンなどでバーチャルサラウンドが体験できるソフト。
と言うかこだわりがなければフリー版でも十分。
サラウンド音声をON-OFFで聴き比べるとすぐ分かるぐらいにはサラウンド感を味わえる。


・スタートメニューカスタマイズ【Windows8、10】
Classic Shell
Windowsアイコン押した時のメニューを昔のメニューっぽくしてくれます。個人的にWindows7メニューが使いやすいです。
前はStart Menu 8 って感じの名前だった気がするけど。
Windows8とWindows10のスタートメニューが気に入らなかったりするのでよく入れる。
ちなみにWindows10でコントロールパネルが見つからなくてこのソフト入れた後にWindowsアイコン右クリックで出てくるリストに居るということを知りました。

・デフォルトフォント変更【Windows8、10】
Meiryo UIも大っきらい!!
Windows 8.1/10の画面のフォントを設定するツール。
Windows10のデフォルトフォントである游ゴシックが見づらいということで使いました。


・ガジェットパック
8GadgetPack
Windows7にあったガジェット機能を入れる(再現する?)ツール。
最初から色々入っていて便利。


・PCサウンド調整補助
EarTrumpet
デフォルトのサウンドミキサーは各アプリの音量調整がとてもやりづらかった記憶があるので入れたツール。
あと、Windows10で機能追加されたアプリごとに出力先を変えたりするのがこっちの方が楽。
最近タスクバーのサウンドを見たらいつも使ってたサウンドの設定が無くなってたので、ショートカットを作っておくことをおすすめする。
【Windowsシステムツール>コントロールパネル>サウンド】でショートカットを作成





・PC内環境整理補助

・PCスペック確認、チェック
CPU-Z
スペックというか内部機器名を確認と言うか。
CPUとマザボとグラボとメモリを確認するのに使います。
日本語化も出来るみたいですが、するには本家公式サイトからのダウンロードが必要らしい。
CPU-Z 日本語化

CrystalDiskInfo
HDD/SSDの使用時間などを見ることができるツール。
これを見て買い替えの時期とか考えたりすると良いと思う


・ドライブ整理補助
TreeSize Free
下のやつより使い勝手良さそうだったので更新。
一覧表示にして、尚且そこから移動したいフォルダに切り取りって貼り付けが出来たのでこっちでよくね?ってなった。
ついでに下のFastCopyを併用するとファイルの移動も捗るかもしれない

DiskInfo
指定フォルダ内でのファイル・子フォルダの占有率を棒グラフで表示するソフト。
ハードディスクが埋まってしまってどこがそんなに容量埋めてるのかな?ってのを調べながらハードディスク内を整理する時に使う。
ノートPCとかタブレットPCだと簡単にHDD増やせないからよく使う。(HDD埋まってる顔




・データコピー補助
FastCopy
ファイルのコピーをデフォルトよりも早くするソフト。(わざわざ比較したことはないのでどのくらい早くなるのかは知らない)
見たら右クリックメニューに追加することも出来るっぽいので、とりあえず入れておいてもいいかなって感じ。
ただドライブ整理などで、大量、もしくは大容量のデータを移動するときにしか使わなそうではある。
追記:右クリックメニューに入れるとWindows10環境ではエクスプローラーのピン留め機能が使えなくなる?っぽいので注意
参考サイト:Windows10でピン留めしたエクスプローラーのジャンプリストが開かなくなった/使えなくなった場合の対処方法


・システムクリーナー
CCleaner
PC内の不要なデータを手軽に削除できるシステムクリーナーソフト。
システムクリーナーなんかは多分色々あるだろうから自分がこれ使ってるよっていうメモ程度に。


・デフラグソフト
Defraggler
デフラグツール。
これも多分色々あるだろうから自分がこれ使ってるよっていうメモ程度に。





・PC外環境整理補助

・電波干渉状況確認
inSSIDer
無線LAN(Wi-Fi)の電波強度や接続状況を解析し、モニタリングできるようグラフィカルに表示してくれるツール。
Ver4.~から有料製品化されているので、無料最新版のVer3.1.2.1を使います。(無料版で調べたいことが事足りる
公式サイトには無いので過去バージョンを探しに行くんですが、偽ファイルに注意してください。(リンク先は大丈夫だと思いますが、一応。


・モデム・ルーター設定
AirStation設定ツール
ルーターを中継機とかにしてると、アドレスがわからなくて弄りたいところの設定にまでたどり着けないことがあったので、一応メモ。(情報弱者




・タブレットPC用(タッチパネル使用ツール)


・タッチパッドマウス・デスクトップズーム【タブレットPC】
Tablet Pro
タブレットPCにノートPCのタッチパッドみたいなものを仮想設置するツール。
TouchMousePointerだったものが統合されてた。TouchZoomDesktopと統合されてるっぽい?
Tablet Proはストアからダウンロードになるので、他の機能いらないよって人は過去のバージョンからのダウンロードの方が楽かもしれない。
正直この2つはサブ機能の方をメインに使っている感じがある。
TouchMousePointer→スクリーンキーボードに透過度を設定できる。
TouchZoomDesktop→3本指タップでスクリーンキーボードを出せる。
TouchMousePointer
TouchZoomDesktop


・GoogleChromeマウスジェスチャー受付用ツール?
TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)
GoogleChromeでマウスジェスチャがタッチパネルでもちゃんと認識してくれるツール。
Sleipnirならデフォルトでそれっぽいんだけど動作が重い気がするし(スペックが足りないだけとも言う)、Chromeで出来るのは良い。
タブレットPC用。


・仮想キーボード
FlickKeyboard
フリック操作の仮想キーボードツール。
手軽に入れられるのでメモ。

TouchKey
カスタマイズ型のスクリーンキーボードツール。
タブレットで絵を描く時に少数のキーボードのボタンが欲しい!って時に自分の好きに作って配置できる。もちろん組み合わせてホットキーも入れられる。
コピー、切り取り、貼り付けだけのものを作るだけでもそこそこ使えそう。
ブラウザでも戻る、進む、更新などをを添えている手の方に配置すると操作感良くなりそう




Android、他機器連携ツール

スマホはAndroidしか使ってないのでiOSは使えるかどうか分からないです。

Komado
スマホをサブディスプレイにしたりミラーリングにするツール。
見ることが出来るだけ(操作できない)なので大きめのタブレットをサブディスプレイにできるだけかな?
Komado2になってから時間制限がついたので、もしかしたら旧Verの方が使いやすいかも。
どっちにしろ無線LAN経由なのであまり動きのあるものは適していないので、これも普通に物理的にディスプレイ増やした方が良さそう。


Chrome リモート デスクトップ
Google Chrome拡張機能で、遠隔PC操作が出来る。(スマホでもPCでも)
設定も結構楽なので使いやすい。
そこそこのスペックのスティックPCをTVに挿して、スマホを使って操作するって感じでも良さそう?


Airdroid
PCでスマホのデータを管理したりPC↔スマホ間のファイル移動が出来るツール。
PC↔スマホ間を線で繋がずに色々出来るのがとても楽。


Airflow
あらゆる動画ファイルを、Apple TV / Chromecast(Googlecast) で再生できるようにするソフト。
PCにある動画ファイルを対応機器で再生させたいなーと言う時に使うツール。
使い方は紹介ページに丸投げ。
Airflow - k本的に無料ソフト・フリーソフト


・スマホ、タブレットをデュアルディスプレイ化
spacedesk
PCをWi-Fi経由で繋げて他のデバイスをマルチディスプレイ化することが出来るツール。
映すデバイスとしてWindows、Android、iOS、ブラウザ経由(HTML5)でのMac、Linuxで出来るっぽいので今まで使ってなかった過去のPCをマルチディスプレイとして役立てるかも?
ただやっぱりWi-Fi経由なので、遅延はあるので動きの少ないものを映すと良さそう
スマホなどで画面を縦にして使いたい場合はPCの方のディスプレイ設定で向きを変える。

上にも書いたけどスマホも画面として使えるのでこっちにも。
似たようなものを探した時に、Komadoもよく出てくるけど自分のPC環境では拡張デスクトップで使えなかったので消した。
正直ミラーリングだけだったらリモートデスクトップの方が使えるので。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ut

Author:ut
utといいます。読み方は適当に。

ゲームやらラノベやらアニメやら創作やらに色々手を出したり出さなかったり。
気になったものをまとめとくページを作りたかっただけの存在。

ついったー
ID:ut0so
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
最近の気になったゲーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
Amazonゲームランキング
広告スペース