PC版マインクラフト導入メモ

ふと、今更ながらにマインクラフトをやってみたくなったので、色々試行錯誤しつつデモ版とModを入れて、出来れば試しにマルチ環境確認出来ないかなーとやった時のメモです。

結構いろいろ弄った気がするので備忘録として。



シングルモードまで

とりあえず公式サイトからデモ版をダウンロード。(導入参考サイト
参考サイトではアカウント作ってからと書いてあるがランチャー起動してからのログイン画面で『Register』を選択することで新規アカウント作成に行けるのでこっちの方がアカウント作成についてはわかりやすいかも?

体験版はゲーム内時間で5日間で100分くらいの体験版らしいのですが、調べていたらこんなのも見つけたので試してみた。
→ 完全合法!!マインクラフトを無料でプレイ!!

要はデモ版にforgeと言うModを追加で入れることで時間制限が無くなるということらしいです。とりあえずここまでやるだけでシングルモードは制限なし?状態になるのでかなり遊べてしまいます。


やり方の流れまとめ

 1.DEMO版をダウンロードしてインストール。
 2.バージョンに合ったforgeをインストール。
 3.minecraftのランチャーのProfile設定でforgeを選ぶ。(無かったら新しく作ってVersion Selection→Use Versionをforgeに設定する)



マルチモードについて

やっぱり一人は寂しいもんな……。
と言うことでマルチモード出来ないかなー?と言う試行錯誤メモ。

と、ここでデモ版と製品版の違いを確認しておきましょう。
・時間制限がある。(forgeModで何とかなる)
・プレイヤー名が「Player」固定となる?(名無し扱い?)

製品版ではアカウントの設定でマインクラフトのプレイヤー名を変更できる。(らしい)

デフォルトのサーバーではプレイヤー名が名無し扱いだと弾くようになっているので、おそらく他の人のサーバーに行こうとすると弾かれる可能性が高いです。多分。
設定で弾かないようにするにはserver.propertiesファイルのonline-modeをfalseにする。
あとプレイヤー名が固定になると何がマズイかって言うと、同じ名前のプレイヤーが入ってきた時に同じ人扱いにされて先に入っていた人と入れ替わってしまうと言う感じですかね?

……つまり名前を変更するModを入れればいいのでは?と思ったので、参考サイト(↓)を見つつ、
[Minecraft] 1.10/1.9対応! いちばん簡単なMODの導入方法。Forgeやランチャーの使い方を解説
Ingame Username ChangerというMod(forge用)を入れてみた結果、ちゃんと別の人として認識されたのでマルチプレイ出来ました。
注意点としては、このModは起動する度に名前がリセットされるので毎回起動した時に設定しないといけないと言うところかな。


……とはいえ、そもそものサーバーを立てたり入ったりする段階で躓きまくったので、その時色々やったことメモっておきます。
多分、これ普通にマインクラフト製品版買ったとしてもつまずくところなんだろうなーと思いながら設定してた。

通信方法はポート開放でなんとか出来なかったので、仮想ネットワーク作成ツールの『hamachi』を使用した。
(※hamachiはLANで繋がる扱いになる?ので不特定多数の人との通信プレイには向かない)
→色々やってたらポート開放ツールの「開放くん」を使って出来たのでメモ。
設定はWindows7でやっていたので環境によっては違うかもしれない。

・hamachiについて
躓いた点
・hamachiサーバーに接続できない
 自動的に再接続状態にして諦めて放置してたらいつの間にか繋がっていたので、もしかしたら時間がかかることもあるのかもしれない?

・仮想IPアドレスサーバー作ったけど他の人が入れない
 hamachi内でのLAN接続がうまく行っていない?

メモ:hamachiの 【システム→設定】 内の 【状態→クライアント→LogMeIn アカウント】 が同じ状態だと通信がうまく行った?

hamachi接続失敗対策リンクメモ
Hamachiを使ってトラップタワーのネットワークプレイ(2012年10月6日現在)
 hamachiの簡単な導入まで読んだ。
 サーバーを建てない人はhamachiのリンクを送ってもらうことでhamachiクライアントがダウンロードできる?

Windows Hamachi クライアントが Hamachi ネットワーク アダプタへの接続に失敗する - サポート LogMeIn
Windows ネットワーク接続 - サポート LogMeIn


・ポート開放について
ポート開放は「開放くん」を使ってやったら出来た。
ポート開放はdefaultではポート番号:25565のTCPで開放する。
多分他のポート開放ツールでも出来ると思う。

ポート開放ができているかどうかの確認は
開放くん確認
ポート開放の確認
などでポート番号を指定して確認する。
確認するときはそのポートを使うソフトも一緒に起動している必要がある。(マイクラならサーバーソフト)
またプロバイダーがぷらら契約だとネットバリアベーシックのせいでポート開放ができないという場合もあるので、ぷららのマイページに行ってネットバリアベーシックの設定のパケットフィルタを0(OFF)にする必要があるかも。


・サーバーを立てる
参考サイト
【1.9.x】公式サーバーの立て方と設定方法【マルチ】
【Forge】MOD入りマルチサーバーの立て方

まぁ多分デフォルトのサーバー(バニラ状態)でやる分には2つ目のリンクはいらないと思う。
ポート開放でやる時はサーバー主はlocalhostで入る。他の人はサーバー主のグローバルIPアドレスで入る。

躓いた点。
・localhostではプレイできるが、他の人から見るとサーバーが立っていない表示になっている。
 おそらくファイアウォールで止まっているので【コントロールパネル→Windowsファイアウォール→詳細設定→受信の規則】内の【Java ~~】の項目全部を 許可する に設定。(全部じゃなくても良いかもしれないがとりあえず全部許可した)
 Java~~の項目が無いって人は
 ・Windows10でポート開放のやり方を簡単解説!マインクラフト対応!
 このページの受信の規則を新しく作る必要があるのかも?
 あとはJavaとJava SDKがインストールされていないからと言う可能性?
 マイクラマルチをやる全員がこの2つをインストールしてPCを再起動した所、サーバーをちゃんと認識した(こともある)ので試してみるといいかも?

・Forgeのバッチファイルがうまく起動しない
 フォルダーオプション(コントロールパネル→フォルダーオプション→表示)で【登録されている拡張子は表示しない】にチェックが付いているとバッチで指定したファイル名が拡張子が無駄にくっついて異なっている可能性があるので要確認。
 また、起動するのにJavaとJava SDKが必要になるのでそれぞれインストールしておく。


・マルチプレイ
・ブロックを壊しても反映されない
 サーバーとなるPCのスペック不足の可能性?
 もしくはサーバーを作るときの何らかのミスでできなくなっている可能性?(壊して反映されるブロックとされないブロックがあった時など)
 新しくサーバー用プログラムからもう一回作り直すとうまく行ったこと有るので試してみるといいかも。

・前にサーバー入れた人のところに行こうとしたら入れなかった
 サーバー主がグローバルIPを固定していないときに、モデムを再起動したりするとグローバルIPが変わることがあるのでサーバー主に再確認。
 ブラックリスト入りだったらどうしようもない。



サーバーの作り方流れまとめ
毎回参考サイト見るのも面倒になってきたので自分用備忘録。

1.バージョンに合ったサーバーファイルのダウンロード(公式ページから)
 大体最新バージョンしか表示されていないので、URLのバージョン番号を欲しいバージョンの数値にすると過去バージョンがダウンロードできる。新ランチャーなら起動オプションのところからダウンロードできそう?
2.サーバー用のフォルダを作り、その中にダウンロードしたサーバーソフトを入れて起動する。
3.一度起動すると【eula.txt】というファイルが作られるので、その中の3行目の『false』を『true』にして、もう一度サーバーファイルを起動する。
4.起動したサーバーソフトのログが『Done!』まで行ったらサーバー起動完了。(バニラ用)
 デモ版の場合は【server.properties】というファイルの『online-mode』の項目をfalseにしないと入れないし(デモ版の人が)、入れたとしても名前被りで一人しか入れなくて複数の人が入ろうとすると追い出される。


forge導入
1.↑でバニラサーバーが起動するのを確認したらバージョンに合ったforgeをサーバーに導入するのでforgeをダウンロードしてくる。(サイトから)
 ちなみに Latest:最新版、Recommended:安定版 だと思う。
2.forgeを起動して『Install server』を選び、サーバーの置いてあるフォルダを指定してOKを押す。
3.インストールが終わったらサーバーフォルダの【forge~~.jar】を起動する。(『~~』はバージョンによって違う)
4.起動したサーバーソフトのログが『Done!』まで行ったらサーバー起動完了。
 サーバー用のforge用Modはサーバーファイルの『mods』に入れる。
 これを起動するだけでforgeの入ったサーバーが起動できたような気がするので、バッチファイルは更に設定したい人用?になると思う。他、うまく動かなかったときに導入してみるといいかも?


バッチファイル導入
1.サーバーファイルにバッチファイル(名前は任意)を作成し、テキストエディタで開く。
2.↓の3行記入。(例)

@ECHO OFF
java -Xms1048M -Xmx2048M -jar forge_server.jar
PAUSE

 2行目の最後の『forge_server.jar』はforgeのサーバー起動ファイルの名前なので任意。名前がそれぞれバラバラだったりするとうまく動かない。
 2行目はおそらく割り当てるメモリを設定してるんだと思うけど、その辺詳しくないので割愛。入れるModによってはこの値を増やさないといけないのかな?と思っている。
3.バッチファイルを起動して、サーバーを起動する。(コマンドとサーバーソフトの2つのウィンドウができる。)


ちなみにサーバーフォルダの『world』フォルダが所謂worldのセーブデータなので、ここを消すことでworldリセットできる。




マルチプレイ導入の流れまとめ
1.マイクラのサーバー用ファイルをダウンロードする。
2.サーバーを立てる人はダウンロードしたサーバー用ファイルを起動する。(もちろんポート開放(defaultではポート番号:25565)、もしくはhamachiを導入するかをしておく)※hamachiは身内用として使うことを推奨。
3.minecraftを起動し、マルチプレイでサーバーの人のグローバルIPアドレスを入力して入る。(hamachiの場合はhamachiの仮想IPアドレスを入力する)
 ポート開放時のサーバー主はlocalhostで入る。





とりあえずメモ終わり。
まとめている間に忘れたものもありそうだけどだいたいこんな感じ。





スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ut

Author:ut
utといいます。読み方は適当に。

ゲームやらラノベやらアニメやら創作やらに色々手を出したり出さなかったり。
気になったものをまとめとくページを作りたかっただけの存在。

ついったー
ID:ut0so
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
最近の気になったゲーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
広告スペース

Amazonゲームランキング