touchbeat-j、yubiosiplusの譜面の作り方。

前の記事で紹介したjubeatのシミュレーターのtouchbeat-jの譜面の作り方ですが調べてみたところ直接テキストをいじるか、または他のシミュレーターの譜面から変換するものしか見当たりません。
StepManiaは譜面作成機能が付いてて便利なんですけどね……。

ということで、自分で作ってみるついでに自分の作り方を紹介します。

必要なもの。
jubeat_analyser
jubiscreator
オリ子
TExchange
・DAW(音楽作成ソフト)

【追記】
jubiscreatorがサイト無くなったのかリンク切れ起こしてるのかわかりませんがダウンロード出来なくなったのでGoogle Driveにて代理アップロードしておきます。(Readme見たら再配布可って書いてあったので。)
jubiscreator Ver0.40
最終Verが分からないのでなんとも言えないですがとりあえずVer0.40を持ってたのでこれで。



PCで作ります。

DAWはセンスとかなりのリズム感があれば特に必要ではないです。
が、作成するときにやりづらいので自分は使いました。FL Studioです。特に曲を作るわけではないのでDEMO版で大丈夫です。他にもStudio One Free もいいかもしれません。
自分の作成したい曲データが読み込めて、リズムを打ち込めるものを使いましょう。
しかし慣れない人が使うと更に混乱する可能性があるので特に勧めません。無くても作れます。使えると便利です。


さて、作り方ですが、まずjubiscreatorを開きます。
20140707_0001.png
使い方は各説明書を見ましょう。あとは調べましょう。
このソフトはjubeat_analyserの譜面を作ることを目的としたもので、譜面の配置を視覚的に考えていくことができます。
縦連で重ならないようにするためにチェックしながら譜面を作るってことで作られたみたいです。
横に並んでいる1~16の数字が譜面の配置にそれぞれ対応しています。
そして、下に向かっていくに連れて小節ごとに時間が流れて行きます。

まずBPMを合わせます。曲によっては途中でBPMが変わっていく曲もあります。
BPMはBPM計測器や、BPM analyzer などがあるので、各自で調べてください。
可変BPMの場合は作るのが少し面倒になります。
BPMがわかったら、BPMの列をクリックしてBPMを指定します。可変BPMで無い限りは最初に指定されている150を変更すれば大丈夫です。
<追記>
BPMは本来の数値よりも2倍やら何やらした数値で作り始めた方がいいかもしれません。詳細はページ下部の追記で。


音源指定は譜面を打ち込む所の隣にある枠の「出力関係」の「BGMファイル」を押して設定します。

ツールバーのペンの形をした「配置モード」でぽちぽちと タイミングのあっている時間(縦)、配置(横)に合わせて譜面を打っていきましょう。
全体的にずれていて切り貼りしたい時はマウスカーソルのアイコンをクリックして切り貼りや移動をしましょう。
同じパターンが作りたいときにもコピーして貼り付けをしましょう。
(※右クリックでの操作があまりうまく行かなかったのでショートカットキーでやったほうがいいと思います。
Ctrl+X:切り取り Ctrl+C:コピー Ctrl+V:貼り付け )

譜面を打ったらファイルを保存してjubeat_analyserで開いて譜面がタイミングに合っているかどうか見てみます。
保存形式は2列方式にしておきましょう。
jubeat_analyserを開いたらSpaceキーを押して作ったテキスト譜面を開きます。
20140707_0003.png

20140707_0004.png
そしてpキーを押して、聞いてみて、全体的な譜面と曲のズレを合わせるためにオフセットを指定します。
オフセットを指定するには作ったテキストを開いて「o= 」の値に指定します。
譜面の方が音楽より早ければ数値を増やし、逆に遅ければ数値を減らします。

ハンドクラップ音を付けるには譜面再生画面でShiftとControlキーを同時に押してオプションを出して設定しましょう。
20140707_0007.png

オフセットを最初に指定したら基本的には変わらないので自分でその数値を覚えておきましょう。
(※jubiscreatorで保存するとオフセットの値が毎回リセットされたので一応。)

基本的には譜面を打ち込み、ズレを確認し、修正、確認、の繰り返しです。ここで、リズム感とセンスが問われます。うまく行けば直すこと無く終わるでしょう。
まぁしかし大体うまく行きません。
しかし毎回開くのは面倒になるのでjubiscreatorにオリ子を設定して少し楽にします。
設定の仕方はjubiscreatorの ツール→オプション→外部エディタ で設定します。
設定したらツールバーの「外部エディタの起動」から開くことが出来るようになります。
20140707_0002.png
そしてオリ子を起動し、オフセットを直し、「jubeat_analyserを起動」を押すことで少しだけ作業が楽になる気がします。


そうして出来たテキスト譜面をtouchbeat-j用(yubiosiplus)に変換するわけですが、このままでは変換ができません。
そこでTExchangeのパターン置換機能を使って 「1~9(全角)」をそれぞれ「①~⑨」に、「10~16(半角)」を「⑩~⑯」に置換するように設定します。
20140707_0011.png
そして置換したテキスト譜面を変換します。

変換するにはこのページを使いましょう。指押譜面変換(memo形式→Ver1.5形式)
変換する際に32分譜面や、可変BPMだと、変換に失敗して音がずれやすいので気をつけましょう。
(自分は失敗したので固定BPM、16分譜面に直しました。)

今、touchbeat-jなどで使われている譜面データは大体Ver2.0形式になっていると思うのでそのように作り直します。
これはファイルの曲情報と譜面情報を分けているもののようで、書き方は導入ページを参考にしましょう。

20140707_0018.png

20140707_0012.png

20140707_0014.png

そしてtouchbeat-jなどで再生してみて、オフセット、譜面の全体的なズレなどを直します。
オフセットはおそらく、Android端末のスペックによって変わってくると思うので、譜面を作って配布する時は相手の方に合わない可能性もあります。注意しましょう。まぁオフセット直せばいいんですが。

譜面の全体的なズレ等は(だんだんずれてくる)変換時に、BPMを小数点で指定して直しましょう。(0.1~0.5くらいずらせば何とかなりそう?)また、これもAndroidのスペックによって変わってくるかもしれません。注意。

出来たもの。(jubeat_analyserで再生したもの)


まぁこんな感じのものが出来ました。
譜面配置はひと通りこれ作ったら疲れたので余裕があったら後で考える感じで。



DAWについて。
DAWを少し使って作るのであれば、軽く耳コピするくらいの気持ちでやります。
20140707_0016.png

音楽データとピアノロールをうまく配置してその小節のノーツを見てそのタイミングでjubiscreatorに配置していきます。
ピアノロールはリズムだけでいいので、特に音階まで頑張る必要はないです。(画像ではやってますが)

20140707_0017.png

こうしておくとjubiscreatorでは譜面の配置だけ考えればいいので楽といえば楽になります。
つまり同時にこなせる人は特にDAW使わなくても大丈夫ということです。


この譜面は欲しい人がいれば配布を考えますが、配布ページを作る手間がありそうなので配布しないかもしれません。←
とまぁ色々面倒ではありますが頑張ってみてください。

もっといい方法があれば教えてくださるとありがたいです。


<追記>
先日、作った譜面に新しく足して難易度の高い譜面を作ろうと思ったんですが……。
前に作った譜面を開いて、すこじ弄って保存しようとしてみると……。

20140726_0001.png

……。あれー?
ってなことがあったんですね。
で、原因の『小説内分割ができない場所があります』っていうのはどういうことかと。言いますと……。

20140726_0000.png

この赤いノーツ(縦連注意ノーツ)のせいで保存できなかったんですね。
……でもおかしい、この前保存した時はこんな配置じゃなかったはずだ、となりました。
で、原因。
20140726_0002.png
保存した時にこの114小節では小説内分割で保存されていて、(ここではおそらく縦連が原因) 次に読み込んだ時にこの分割された2番目の114小節の情報が115小節に追加で上書きされていた、ということのようです。
まぁ、言ってしまえばjubiscreatorのバグなんですが、ver0.40だったり、しばらく更新してなかったりしているようなのでこれは仕様なのかな……と思うことにして、その上で対処法を考えます。

・対処法その1
 一気に終わらせる。

譜面を一気に作り終えることで、後で読み込む必要がないから大丈夫!……と言う力技ですね。

・対処法その2
 BPMをわざと2倍にして、小説内分割をさせないようにする。

まぁ、2倍でも4倍でもなんでもいいんですが小説内分割がなければ読み込むときに問題ないはずなので、BPMを伸ばして1つの小節に入るノーツを減らすってことですね。(考えただけでまだ試してませんが。)

と言う感じですね。
まぁ今回はしょうがないのでちまちま直して作ることにします。( ´・ω・`)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ut

Author:ut
utといいます。読み方は適当に。

ゲームやらラノベやらアニメやら創作やらに色々手を出したり出さなかったり。
気になったものをまとめとくページを作りたかっただけの存在。

ついったー
ID:ut0so
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
最近の気になったゲーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
広告スペース

Amazonゲームランキング